tedom CHP CENTO
tedom CHP QUANTO

国内の電力・熱需要に最適なTEDOMのガスコージェネレーションシステム(CHP・コンバインドヒートアンドパワー)

TEDOM CHPの特徴

① 納得の優れたコストパフォーマンス
② シーエープラントと国内大手エンジン企業による安心の保守サービス
③ 国内民生需要の8割に適したCHPラインアップ

国内民生用ガスコージェネレーションの導入傾向

平均発電容量導入台数導入割合主な導入施設
≦ 801,79815%飲食施設・集合住宅
80~1504,92041%スポーツ施設・浴場・介護施設
150~2504,52838%ホテル・商用物販施設・公共施設
250 <6576%地域冷暖房その他
合計11,903100%
出典:一般社団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター民生用建物用途別導入実績(2016年3月末)データより当社まとめ

TEDOM社はガスコージェネレーションの世界的リーディングメーカーであり、長年の運転経験と実績に基づいた豊富なソリューションをご提案することができます。

コージェネレーションシステム設計のポイント

TEDOM ガスコージェネレーション

TEDOMのガスコージェネレーション

TEDOM 本社

チェコに本社を置くTEDOM社は、1993年から高いエネルギー効率と環境負荷低減を実現するガスコージェネレーションシステムの製造を開始しました。

現在はヨーロッパを中心に、世界40ヵ国以上で様々な地域事情に合わせたガスコージェネレーション設置の実績があります。累計設置台数は3300台以上、累計設置容量では800MWを超える実績を持つ世界的メーカーです。

TEDOMのガスコージェネレーションシステムは、ガスによる発電と同時に、廃熱を給湯、空調、蒸気などに有効活用するため、高いエネルギー効率が得られ、省エネルギー、CO2(二酸化炭素)排出量削減、環境負荷低減に貢献します。

また、電力料金を削減するピークカットシステムや、非常時のエネルギー供給機能を活かしたBCP対策にも使用できます。

日本でもバイオガス対応機種の導入実績を持ち、農業・牧畜業・食品残渣・下水から発生するガスに対応しています。また、定期点検・故障修理・遠隔監視など、安心の保守サービスも提供しております。

株式会社シーエープラントは、2017年よりガスコージェネレーションにおけるチェコの世界的リーディングメーカー TEDOM社と提携し、高エネルギー効率と環境負荷低減に優れたガスコージェネレーションシステムの販売を開始します。

最新記事