ガスコージェネレーション システム構成

TEDOM ガスコージェネレーション

TEDOMのガスコージェネレーションシステムは、ガスによる発電と同時に、廃熱を給湯、空調、蒸気などに有効活用することができます。

そのため、高いエネルギー効率を得ることが可能となり、省エネルギー、CO2(二酸化炭素)排出量削減、環境負荷低減に貢献するだけでなく、電力料金を削減するピークカットシステムや、非常時のエネルギー供給機能を活かしたBCP対策にも使用できます。

シーエープラントでは、豊富なTEDOMガスコージェネレーションの出力ラインアップから、お客様の使用環境に合わせた機種を選択し、コストシミュレーションや投資回収年数まで考慮したシステム構成のご提案が可能です。

また、導入前にエネルギーコストをシミュレーションすることにより、ガスコージェネレーション導入効果を正確に予測することができます。

システム構成の最適な選択

システム構成の際は、設置状況やエネルギーコストをシミュレーションした上で、お客様のエネルギーデマンドに適した出力を選定し、ガスコージェネレーション導入効果を最大限まで高めます。

国内民生用ガスコージェネレーションの導入傾向は以下の通りとなっています。

平均発電容量 導入台数 導入割合 主な導入施設
≦ 80 1,798 15% 飲食施設・集合住宅
80~150 4,920 41% スポーツ施設・浴場・介護施設
150~250 4,528 38% ホテル・商用物販施設・公共施設
250 < 657 6% 地域冷暖房その他
合計 11,903 100%

コージェネレーションシステムは、国内で最も需要の多い100~200kWの機種ラインアップからご提案することができます。

また、2台を基本システム構成としてエネルギーデマンドを賄うことで、最少台数での非常時、点検時のバックアップ運転を可能にするご提案も可能です。

上記のシステム構成で、設置コストを最少化するためのご支援も承ります。

導入効果の正確な予測

TEDOM社のガスコージェネレーションは、導入前に精緻なエネルギー削減効果とコストシミュレーションサービスを行い、導入効果を正確に予測することができます。

お客様のエネルギーデマンド情報と、ご要望に基づいたエネルギー削減量を試算し、初期コスト及び運転コストの最適化を行います。

また、精緻なコストシミュレーションにより、従来設備から置き換えた場合の設置コスト概算も含め、新規にガスコージェネレーションを導入した場合の投資回収年数を試算することができます。

地球温暖化対策として、CO2排出量削減効果の試算も可能です。